Kaltes Essen ドイツの夕食は冷たい食事?

長らく、こっちでブログを更新してませんでしたので

 

いいかげん、書こうと思います。

 

で、ドイツ移住を目指してるので

 

ドイツ文化について。

 

ウワサで

 

ドイツでは

 

夜は

 

Kaltes Essen カルテス エッセン  = 冷たい食事

 

ってことをよく聞くんですね。ええ。

 

火を使わない料理ってことなんですけど、

 

パンにバターを塗り

薄切りのソーセージやハム、野菜を載せて食べるものです。

 

それに、フルーツやサラダを添えるスタイルです。

 

 

 

 

 

これって本当なのか、ベルリンに行った時にドイツ人に聞いてみたんです。

 


「Essen die Deutschen zu Abend wirklich nur kaltes Essen?」

夜は冷たい食事しか食べないって本当?


 

ドイツには、こんなことわざがあります。


朝食は皇帝のように、

昼食は王様のように、

夕食は貧しい人のように食べる


 

 

昔は、

 

朝は種類豊富でたくさんの食事

 

昼は、やや豊かな食事

 

夜は、ほんの少しだけの食事を摂ってたようです。

 

もちろん、そういうスタイルのドイツ人もいるけど

 

現代は、そうじゃないみたいです。

 

現に僕がベルリンでステイしてたホストは、ふつうに火を使ってたし…。

 

 

やはり、日本と同じで

 

朝は忙しい人が多く

 

食事にゆっくり時間をかけてるヒマがないようで

 

そうなると、夜にちょっと贅沢したくなりますよね。

 

ドイツ人にとっても、夕食は一日のメインになりつつあるようです。はい。

 

ただ、「冷たい食事」には

 

メリットがあります。

 

火を使わないので

 


・キッチンが汚れない

 

・簡単に作れる

 

・食べる量も少なめだから、肥満を防げる

(夜は寝るだけだから、少なくていい)

 

・多く作ったとしても、翌日の朝食や昼の弁当に回せる。

 


 

たしかに、ドイツ人のキッチンは

 

めっちゃシンプルでめっちゃ綺麗です。

 

余計なものがない。

 

ある意味、とても合理的ですよね。ええ。

 

そして、ドイツ人は食材品質についても関心が高いですね。

 

実際にオーガニック専門スーパーが、

日本よりも食材も安価でそこらじゅうに

あります。

 

もちろん現代は、暖かい食事も摂るようになってるけど

 

やはり、調理や片付けが簡単な料理をするみたいです。

 

パスタや、スープ、プファンクーヘン(パンケーキ)などに

ソーセージ、ハムで済ます人が多いようです。はい。

 

そこは、やはり

 

合理的なドイツ人の考えが受け継がれてるようです。

 

ということで、Kaltes Essen は

 

家庭によって、実際はそうじゃないってことですね。

 

 

じゃ、また。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。